本気の出会い

闇金司法書士なら意外に簡単に解決してくれます

闇金司法書士が闇金業者と解決交渉しているのネット動画です。参考になると思います、よろしければ覧ください

再生すると音が出ますのでご注意ください (8分56秒)

闇金司法書士のプロの対応どう思われましたか?

 平成20年6月の最高裁判所の判決によって,高水準の金利だけに限らず,貸してもらったお金(元金)それ自体でさえも、法的には、一切、弁済する必要は無いことが確定しています。

 

「貸金業登録をしないまま勧誘を実施する」「トイチなどの高利の貸し付け」などの闇金の活動は法律違反なのです。

 

経験豊富な闇金関連法律の専門家は、これらの法律を武器に、毎日、闇金業者と戦っています。彼らは、闇金との数百回の交渉をこなし、解決経験を持つ闇金問題のプロ集団なのです。もちろん、難しい局面が出てくる場合もありますが、あなたと一緒に、豊富な経験や知識をフル動員して全力で解決に努力してくれます。取立は即日ストップできる場合も多いですし,返済してしまったお金も取り戻せる可能性もあります。闇金問題に関しては初期の相談は無料で実施してくれます。

闇金業者も、また、交渉のプロです。素人が一人で悩んでいても状況は悪くなるばかりです。闇金被害の問題は、勇気をもって、経験豊富な闇金司法書士に無料相談をしてみましょう。思っていたよりも意外に簡単に解決できる場合が多いものです。

闇金司法書士の法務事務所、おすすめ3選はここだ!

闇金解決に強いベスト3の事務所です、いずれも相談無料全国対応闇金への元金支払不要解決費用分割払い可能メール相談24時間受付解決費用四万円~五万円/件闇金専用のフリーダイヤル、を持った解決実績の豊富な闇金問題に非常に強い事務所です。

各事務所のフリーダイアルへ、ゆっくりしっかり無料の電話相談をして、納得の行く事務所を選んで正式依頼されるのが良いと思います。親切に相談に乗ってくれますよ。
エストリーガルオフィス 無料相談ダイヤル 0120-010-673

エストリーガルオフィス

2014年開設の若い事務所だがお客様の立場に立った親切なサポートが評判。解決費用四万円

闇金解決費用 無料電話相談対応時間
40,000円/件 9:30-21:00 平日

代表司法書士 東口 昌弘

大阪司法書士会所属 第3524号
簡易訴訟関係業務認定612367号

事務所所在地 大阪市北区豊崎3丁目4-1

エストリーガルオフィス公式ページへ

 

ウイズユー司法書士事務所 無料相談ダイヤル 0120-594-057

ウイズユー司法書士事務所

相談実績毎月700件以上、無料相談いただいた皆様の、満足度ランクが高い司法書士事務所

闇金解決費用 無料電話相談対応時間
50,000円/件 24時間/365日 年中無休

代表司法書士 奥野正智

大阪司法書士会所属 2667号
簡裁訴訟代理関係業務認定312416号

事務所所在地 大阪市北区東天満1-11-15

ウイズユー司法書士事務所公式ページへ

ウイズユー女性専用窓口無料相談ダイヤル 0120-854-012

ウイズユー司法書士事務所女性窓口

闇金解決の経験豊富な女性の相談員が親身に対応します。女性のデリケートな闇金問題も安心して相談できます

闇金解決費用 無料電話相談対応時間
50,000円/件 24時間/365日 年中無休

代表司法書士 奥野正智

大阪司法書士会所属 2667号
簡裁認定司法書士 312416号

事務所所在地 大阪市北区東天満1-11-15

ウイズユー司法書士事務所女性窓口公式ページへ

 

Duel(デュエル)法律事務所 無料相談ダイヤル 0120-175-046

Duel法律事務所

140万円/社を超える事案は、弁護士しか取り扱いできません。30年にわたる多数のヤミ金解決の実績を持つ弁護士事務所

解決費用 無料電話相談対応時間
54,000円/件 24時間/365日 年中無休
代表弁護士 正野 嘉人 (しょうの よしと)

(東京弁護士会 第19816号)

事務所所在地 東京都中央区日本橋小伝馬町16-5

Duel法律事務所公式ページへ

 

闇金問題解決までの流れ

ステップ1 闇金問題解決への無料相談

まずは、闇金問題の現在の状況を電話・メールで、ご相談ください。相談は、何度でも無料です。お客様の状況で、闇金問題の最適な可決方法が提案されます。納得がいかなければ、この時点でのストップも可能です。

ステップ2 受任契約

無料相談での提案にご納得いただけた時点で、闇金問題の解決を正式に依頼する「受任契約」をかわします。

ステップ3 闇金業者への通知

闇金業者に受任を通知します。多くの場合、この時点で取り立てがストップします。これ以降の一切の交渉は、あなたに代わって法務・法律事務所が行うことになります。

ステップ4 交渉・解決

闇金業者と、督促停止および元利金放棄などの完全解決に向けた徹底交渉をし、完全解決をします。

最近の闇金の状況

闇金を使って少額のお金を借り受けてしまうことになり、
毎月毎月、たくさんの利子を支払っているような方々はたくさんいます。
闇金事業者が減少してきたその一方で、新しいさまざまな手法を使って活動を続けている闇金事業者は少なくありません。
そういった闇金事業者から借り入れしなければ問題は起きないのですけれど、

 

消費者金融あるいは銀行等で査定に通らなかった方の中には、切羽詰って多少のリスクは感じながらも、
ワラにもすがる気持ち、最後の手段として闇金へ連絡してしまう方が今でも多くおられます。
闇金というものほとんど100%貸し出しをやってくれますので、始めたら後は借金地獄へと落ち込んでしまうことになるのです。

 

闇金からの取り立てに苦しんでいるという方は、司法書士などの法務・法律事務所に相談しましょう。

 

重要なのは闇金対策の経験豊富な司法書士などが所属するの法務・法律事務所に相談することです。

 

 

闇金対策の経験豊富な事務所であれば、どのような場合であっても適切に懇切丁寧に応じてくれますし、交渉開始時から最後まできちんとフォローしてくれます。
そして、対応をお願いするとスピーディーに力を貸してくれますので、正式に委任すれば闇金の取り立てはすぐにストップする場合がほとんどです。

 

はじめての経験の方がほとんどでしょうから、委任後に何をしていいかわかりにくく、心配な場合も多いものです。
正式委任前の相談は、納得がいくまで無料で担当者がきちんと説明してくれますので、電話で相談してみましょう。

闇金対策は闇金司法書士に相談

闇金司法書士とは

日本では銀行や消費者金融からお金を借りる場合は上限金利を超えて借りることができないと法律で明記されており、昔は当たり前のように違法な金利で貸し付けている正規の金融機関も多かったものの、近年は法律の取締りが強化されたこともあって違法金利で貸すようなところはありません。

 

しかし、そんな中でも当たり前のように上限金利を超えた金利条件で貸し付けてこようとする違法業者がいますが。これがいわゆる闇金であり、法律によって認められている金融機関ではないので、もちろんお金を貸すにあたって法律を守るわけがありません。
時に大規模な暴力団組織が絡んでいることもあるので最終的には財産をすべて奪われて奈落の底へ突き落されることになる可能性もありますが、そもそも法律で認められているお金のやり取りではないので返済する義務もないのです。

 

しかし、相手が相手なだけに場数を踏んでいないと交渉が難航することや失敗する可能性が高いのも事実です。こんな時に活躍するのが闇金問題に強い司法書士さんです。闇金問題に特化しているというのがポイントになります。闇金問題は迷わず闇金司法書士に相談することをおすすめします。

 

闇金業者は闇金ビジネスのプロです。素人一人で渡り合える相手では、ありません。
闇金弁護士さんも、多くの闇金問題の解決実績を持った闇金解決のプロ、闇金問題解決にはプロの力を借りるのが早道です。
無料相談は無料ですので、勇気を出して早めに相談をしましょう。

闇金司法書士による嫌がらせ抑制効果

闇金を利用した場合に受ける被害の中でもっとも精神的なダメージを受けることと言えば悪質な嫌がらせですが、借りたお金を返済している間は特に干渉をしてくることがないものの、返すことができないと伝えた場合や逃げた場合は執拗に嫌がらせを行ってきます。
嫌がらせの内容はいろいろあり、勤めている仕事先にいたずら電話をすることや家族に無言電話をかけること、頼んでもない出前が急に自宅に届くこともあれば、誰かに後ろを付けられているような感覚を覚えることもあります。

 

こうした嫌がらせが続くと中には精神が崩壊してしまう人もいますが、そうなると闇金の思うつぼになるので闇金司法書士に依頼をして嫌がらせを止めてもらうようにしましょう。
闇金司法書士に正式に依頼をすると、対象となる違法業者に対して通知を送ります。法的には、それが届いた時点から、一切嫌がらせをすることができなくなり、もし嫌がらせをすると法の裁きを受けることになります。

 

とは言ってもトカゲの尻尾的な形のところも多く、特に大規模組織になってくると組織の末端が行なっているケースも多いので、通知を送ったからといって100%嫌がらせが止まるとは限りません。
しかし、司法書士が介入したという事実を知ることによってあまり表だった行動をすることができなくなるので、この点での抑止力というのは非常に意味があることだと言えるでしょう。
いずれにしても問題解決には闇金司法書士に依頼する他ないのでまずは相談をしましょう。

闇金司法書士に依頼することで変わる未来

闇金からお金を借りていると最初のうちは態度が優しくてもお金を返せないという状況になってくると急に手のひらを返したかのような態度を取ってくるところも少なくありません。
飴と鞭の使い分けが上手なのも闇金の特徴の一つと言えますが、執拗な嫌がらせや脅迫混じりの取り立てを受ける中で次第に心が麻痺するようになり、必死に働いてお金を返しても借金が膨れ上がり、そのことにすら気付けない状態になることがあります。

 

闇金司法書士に依頼することで借金問題の解決を図ることができますが、なかなか司法書士に依頼するとなると腰が重いという人も少なくないと思います。
しかし、闇金でお金を借りてしまっているという既存事実がある限りはどうにかして問題解決を進めて行かないと現状を改善することはできず、放っておいても将来待っているのは地獄しかありません。
途中でそれに気付いて闇金司法書士に依頼して闇金司法書士が闇金と交渉をすることで現状が変わる可能性があるので、変わらずマイナスのベクトルに向かっている現状維持よりも闇金司法書士に依頼する未来の方が必ずいい結果が待っているはずです。

 

中には相談をしたということがバレてしまって、それに対する怒りによってさらに取り立てが悪化してしまうのではないかという懸念を持っている人もいるかもしれません。
しかし、司法書士が仲介した時点で取り立てや嫌がらせをストップさせることができるので心配することはありません。
まずは、プロである闇金司法書士に、無料相談してみましょう。

闇金司法書士と闇金弁護士の違い

大きな違いとしては扱うことができる金額の上限です。弁護士であれば例え数千万や数億円というお金の借り入れがあったとしても対応することが可能となっています。
司法書士の場合は、元金が一社当たり140万円を超える案件については手を付けることができないので借りている元金が一社当たり140万以上だと選択肢は弁護士に限られるます。

 

ただ、闇金の場合は、一社当たりの元金が140万円を超えることは、多くありませんので、司法書士か弁護士かではなく、それぞれの事務所で無料相談をして、納得の行く話ができた事務所を選ぶのが良いと思います。

 

闇金借金の元金が140万円以上ある方は、闇金弁護士のサイトを参考にされてください。

 

 

闇金司法書士への相談のための前提知識

闇金相談の前提知識!金利の計算方法は?

最近のヤミ金の動向

出資法や利息制限法といった法律で貸金業者が貸付する際の利息に関しては明確に制限がされているのですが、闇金業者はそれを上回る違法な金利で貸付をしています。そこで闇金の基礎知識のひとつとして、実際どの程度の金利で貸付をしているのか知っておくと役立ちます。

 

一般的な貸金業者は年利18%以下で貸付をしているので、10万円を1年間借りる場合の利息は1万8000円になるので、1年後の返済総額にすると元本の10万円と合計して11万8000円になる計算です。ただ、基本的には毎月分割で返済することになるので、10万円(元本)×0.18(年利)÷365日×30日(返済までの日数)となり1ヶ月の利息は1,479円となります。つまり、10万円を30日間借りた場合には、元本と合わせて10万1,479円の返済が必要になるのです。

 

一方、闇金業者の多くが採用している金利と言うのは、トイチといって10日で1割の金利です。この金利では10万円を借りた場合に、10日で1万円の利息が付くことになって、元金と併せて11万円の返済が求められることになります。これを1ヶ月30日に換算すると単純に3倍になるのではなくて、10日目までは11万円で、20日目は元金が11万円になるので12.1万円、30日目は元金が12.1万円になるので13.3万円の返済になります。つまり、1ヶ月間で33,000円の利息が付くことになって、そのまま返済しないとどんどんと膨れ上がり1年後には309万円の利息になるのです。つまり年利に直すと3091%となるので、このことから闇金がいかに暴利であるのか、また恐ろしいのかが理解できます。

闇金の前提知識!借金で逃げる時代ではない

昔なら自己破産は一般的にはばかられることでしたし、債務整理に関しても個人レベルでできる方法もある程度限定されていました。その為、闇金から借金をしてしまうと何の対策もできない状態で、搾り取られるだけ搾り取られてしまうことも少なくありませんでした。そして、そのことが原因で自殺に追い込まれてしまった人もいたのです。しかし、今の時代は闇金から借金をしてしまった場合でも、弁護士や司法書士といった法律の専門家に相談したり、警察に相談したりすることで大抵は取り立てから解放されます。つまり、今の時代は闇金から逃げる必要はなくて、逆に戦うことが可能な時代になっているのです。そのことをしっかりと理解しておくと良いです。

 

それでも闇金からの借金を踏み倒して逃げることを考えているのなら、そのことで事態をさらに悪くしてしまうことや、それがどれだけ意味のないことかを知る必要があります。闇金業者は弁護士など法律の専門家や警察が介入してくると、法律で罰せられることを恐れてすぐに手を引くものなのです。しかし、逆に法的手段をしない債務者に対しては、徹底して違法な取り立てをしてくるものなのです。

 

また、借金を踏み倒して逃げると住民票の移動などができませんので、子供を学校に行かせることができなくなってしまいます。それから勝手に逃げてしまうと親兄弟に取り立ての被害が及んでしまう可能性があるのです。このように、闇金業者から逃げても問題解決につながりませんし良いことはひとつもないので、弁護士などに相談して解決する方法を考えることが大事です。

闇金相談の前提知識!本当の解決につながる方法

闇金業者とは知らないで借金をしてしまった場合、どうしたら良いのか悩んでしまいます。知らないこととはいえ闇金業者であっても借金をしてしまったのだから、返済しなくてはならないと考えてしまう方もいます。しかし、闇金業者は正式な認可を受けることなく営業していますし、貸金業法で定めている金利を無視する高金利で貸付しているのです。このように様々な面で違法行為を平気で行っているのですから、一切返済する必要はないのです。

 

しかし単に返済をしなければ様々な手段を使って返済を求めてきますし、違法行為となる取り立てもしてきます。そのような状況に陥っては、安心して生活することも難しくなってしまいます。では、どのような方法を取ることが闇金問題の本当の解決につながるのでしょうか?

 

まず考えられるのは警察に相談することです。しかし、警察は民事不介入なので民事に該当する借金問題には、なかなか応じてくれないケースが多いです。ただ出資法違反や貸金業法違反は刑事事件なので、警察の担当者によっては相談に対応してくれる可能性はあるので、警察への相談も解決策から捨てないことです。

 

弁護士や司法書士といった法律の専門家に相談するのもひとつの方法としてあります。違法行為をしている闇金業者ですから弁護士など法律の専門家が介入したと知れば、捕まりたくないですからすぐに手を引いてしまうのです。その為、違法な取り立てをされることもなく、また借金も返済せずに問題が解決することになります。闇金問題を本当に解決するのなら、弁護士や司法書士といった法律の専門家に相談するのがベストと言えます。

闇金相談の前提知識!返済義務はない

闇金から借金をしてしまい高金利に苦しめられたり、違法な取り立てに悩まされたりしている闇金被害者もいます。しかし、闇金であっても借金をしてしまったことは事実なので、返済しなくてはならないと考えている方が多いです。実は、闇金から借りたお金に関しては一切の返済義務はないのです。つまり、闇金から借りたお金は利息だけでなく元本も返済する必要はないということです。

 

その理由は、闇金業者から借りたお金は、不法な原因に基づいてなされた給付と解釈される不法原因給付に該当するからです。実は民法第708条1項に、不法な原因のために給付をした者は、その給付したものの返還を請求することができないと定められているのです。闇金は不法な高金利でお金を貸し付けているので、不法な原因による給付と過去の判例でも判断されているのです。

 

しかし、闇金から借りたお金に関しては一切の返済義務はないといって、単に返済をしないでいると闇金業者としても何らかの報復措置をしてくる可能性が考えられます。そうなると、本人だけでなく家族に危険が及ぶ可能性もあって、いつまでも闇金に怯えた生活を続けることになってしまいます。つまり、返済義務はないから返済しないというだけでは、本当の解決にはならないのです。

 

闇金問題を本当に解決したいのなら、まずは弁護士や司法書士といった法律の専門家に相談することです。弁護士などに相談することで、法律に則した手続きや解決方法により闇金被害を全面的に解決してくれます。このように法律に則した解決をすることで根本的に闇金被害がなくなることを理解しておく必要があります。

闇金相談の前提知識!取り立て手口とは?

闇金業者は貸金業の許可も取得することなく法外な金利でお金を貸し付けているので、闇金の融資自体が立派な犯罪行為になります。そのような存在ですので、もし闇金からお金を借りて返済しない場合には、取り立てや返済方法に関しても平気で違法行為をしてくるのです。特に取り立てにおいては、精神的にも肉体的にも借りた人を責めてきて、心身共に疲れ果てるほど追い込むのが闇金の恐ろしい一面です。

 

では、実際どのような手口で取り立てをするのかというと、繰り返し電話をかけてきては暴言を吐いたり、脅したりすることは当たり前です。また自宅に夜遅く押しかけて来て玄関の前で返済を大声で迫ったり、玄関ドアなどに張り紙をしたりするといったいやがらせをします。これは単にテレビドラマや映画だけの話ではなくて、実際に闇金が行う取り立ての方法で、平穏な日常を過ごすことはできない状態になってしまうのです。闇金は、どうすれば債務者を追い詰められるかを熟知していると認識しておく必要があります。

 

ただ日本には貸金業法で業者の取り立て方法に関して規定していて、時間の制限・方法の制限・場所の制限・人の制限などがあるのです。そして、その規定に違反すると認可が取り消されたり、取り立て自体が禁止されたりします。しかし闇金業者は、これらを無視して取り立てを行うので、何らかの対策を行う必要があります。

 

違法な取り立てに対しては、警察に相談することで抑止してもらえる可能性はあります。ただ、借金に関する問題は民事的なトラブルになるので警察は介入しないので、その点は弁護士や司法書士など法律の専門家に相談するのが賢い選択になります。

 

闇金の借金は返済しなくて良い法律上の根拠

日本で金融業を運営するには、都道府県知事などへの登録が必要であることが法律で定められています。
また、融資をする際の金利の上限も、また、法律で定められています。
これらの法律で定められた事項を守らずに、違法行為をしているのが闇金と呼ばれています。

 

日本の法律では、
無登録での金融業の営業行為には「10年以下の懲役もしくは3000万円以下の罰金(またはその両方)」、
また、年利20%以上で貸付を行った業者には、「5年以下の懲役もしくは1000万円以下の罰金(またはその両方)」
という重い刑事罰が課せられます。

 

そして、日本では法律に違反した消費貸借契約は無効とされています。債務者は、利息を1円たりとも支払う必要ありません。
また、最高裁判所の判例では、「著しい高金利の場合、元本さえも返済の義務はない」とされており、この判決に従えば、元本の返済すら必要ないことになります。

 

闇金司法書士は、これらの法律や最高裁の判例を武器に、法律の専門家として闇金業者と交渉を実施してくれます。
これらの法律を元に素人が、その道のプロの闇金業者と交渉をするのは、難しい面があります。

 

まずは、闇金司法書士に無料相談をして、苦しい、一刻も早く、今の生活を変えていきましょう。

 

 

 

 

 

闇金司法書士おすすめ3選