担保すらも搾取の対象にする闇金

最近は担保の設定をすることなくお金を借りることができるようになっている銀行や消費者金融は多くありますが、これは保障会社という保険会社のような役割を担っている会社が仲介者として入ってくれているためで、支払う金利の中で一定の手数料を払うことで本人は気付かないまま備えることができています。

 

昔は担保や保証人などを用意してお金を借りるのが原則としてありましたが、これは貸したお金が戻ってこない場合の保障として金融機関が設定するものであり、今と違って情報ネットワークも十分ではなかったので借り逃げを防ぐ役割がありました。
闇金でも同じように担保を設定してお金を借りるというケースがありますが、この場合は最初から担保を返す気などさらさらなく、違法な金利で貸し付けて返済することができなくなるまで追い込んで最終的には担保を搾取する目的があります。

 

場合によっては全財産が失ってしまう可能性もありますが、そうなってしまわないためにも闇金からお金を借りないようにしなければなりません。
また、闇金司法書士に依頼することで闇金との直接交渉をしてもらうことができるので問題解決に向けて大きな前進になる期待もありますが、闇金司法書士の力量によっては前に向いて話しがなかなか進まないこともあります。

 

闇金司法書士に依頼する場合はできるだけ問題を解決した実績があるところを探して少々遠方でも良いので信頼できる司法書士に依頼するようにしましょう。

闇金司法書士おすすめ3選

関連ページ

債務整理者を狙うパターン
一つでは無い闇金の形|債務整理者を狙う闇金のパターン
インターネット上で餌をまく闇金のパターン
一つでは無い闇金の形|インターネット上で餌をまく闇金業者のパターン
高齢者を狙う悪質な闇金のパターン
一つでは無い闇金の形|高齢者を狙う悪質な闇金のパターンを開設しています。
携帯電話を利用する闇金のパターン
一つでは無い闇金の形|携帯電話を利用する闇金のパターン
データベースの情報を逆手に取る闇金
一つでは無い闇金の形|データベースの情報を逆手に取る闇金