債務整理者を狙う闇金のパターン

債務整理は借金を抱えて自分でどうにも返済することができなくなった場合に法的な力を借りて金融機関と交渉をして借金問題を解決していく方法ですが、債務整理には裁判を通さないで可能な任意整理から簡易裁判による債務整理の特定調停、他にも個人再生や自己破産などいろいろな種類があります。

 

借金のレベルに応じた債務整理という形になってくると思いますが、いずれも債務整理をするとブラックリストに名前が記載されることになるため、次から新規でお金を借りることが数年にわたってできなくなります。
不要に借金をしないで済むというポジティブな見方もできないことはありませんが、問題無いのはブラックリストの情報が闇金に出回ってしまう場合で、このリストを見てターゲットを定めているケースは少なくありません。
お金に困って借りることができないことを良いことに違法な貸し付けをしてくる闇金もいますが、債務整理をして司法書士に依頼をしていた場合は闇金からの貸し付けに対する相談をしておきましょう。

 

また、闇金問題に対応してない債務整理専門の司法書士の場合や闇金問題に強みを持っている司法書士に相談して依頼することが重要になりますが、もし利用してしまっている場合は放っておくと金利の支払額が急増して悪質な嫌がらせなどを受けるようになります。

 

もちろん借りないようにすることが大事ですが、もし借りてしまった場合はできるだけ早く闇金司法書士の力を借りて問題解決を進めて行きましょう。

闇金司法書士おすすめ3選

関連ページ

インターネット上で餌をまく闇金のパターン
一つでは無い闇金の形|インターネット上で餌をまく闇金業者のパターン
高齢者を狙う悪質な闇金のパターン
一つでは無い闇金の形|高齢者を狙う悪質な闇金のパターンを開設しています。
携帯電話を利用する闇金のパターン
一つでは無い闇金の形|携帯電話を利用する闇金のパターン
担保すらも搾取の対象とする闇金
日窒ではない闇金の形|担保すらも搾取の対象とする闇金
データベースの情報を逆手に取る闇金
一つでは無い闇金の形|データベースの情報を逆手に取る闇金