金融業者を見分ける方法とは

金融業者を見分ける方法としては、賃金登録番号をチェックするという方法が一番確実な方法となります。ヤミ金である場合、賃金登録番号が、契約書に記載されてあったとしても、その番号が作った番号であり、本当は、登録をしておらず、営業をしているような場合もあるのです。賃金登録番号は、ネットを利用する事で、簡単にわかりますから、借り入れを行う前には、必ず賃金登録番号のチェックを行いましょう。

 

賃金登録番号のチェックをする際には、カッコ内の数字も一緒にチェックしましょう。カッコ内の数字は、更新をした回数が記載される事になります。賃金登録番号は、3年に1度更新をする事になるのですが、更新を1回すると、カッコ内の数字は2となります。ヤミ金の場合、継続して同じ名前で営業することができず、行政の指導が入ることが多いため、更新をする事ができる年数まで継続して営業することができないとされています。

 

そのため、カッコ内の数字が大きければ大きいほど更新回数が多いため、それだけ営業年数が長いことがうかがえますから、安心して契約を行う事ができると言えるでしょう。
その他に、悪徳な金融業者であるかどうか調べる方法としては、金融業者の口コミをチェックすると良いでしょう。

 

金融業者の名前を入力し、情報がない場合には、借り入れは行わないようにし、実績がある程度確認できる金融業者とのみ、契約を進める事で、ヤミ金と取り引きをしてしまう事を避ける事ができるでしょう。

闇金司法書士おすすめ3選

関連ページ

ヤミ金から過払い金請求をできるのか
借り入れを考える|ヤミ金から過払い金請求をできるのか
ヤミ金と手を切るには
借り入れを考える|ヤミ金と手を切るには
どこからも借り入れをする事ができなくなってしまったら
借り入れを考える|どこからも借り入れをする事ができなくなってしまったら