借り入れ返済の督促から逃れる方法とは

借り入れの返済をする事ができず、しつこい借り入れ返済の督促から逃れるために、夜逃げを検討する人もいる事でしょう。
逃げれば、借り入れの返済をしなくても良いと思ってしまうような人もいるかと思いますが、住所が変わっても、借り入れの返済義務は消滅しません。

 

借り入れには時効があり、金融業者からの督促などが何も行われず、5年間経過すると借り入れは全て帳消しになると言われています。ですが、金融業者は、時効になってしまっては困りますから、時効とならないように、請求書を送ってきたり、電話をかけてくるような事を行います。夜逃げをしたとしても、仕事をしなければ生活をする事ができませんから、新たな仕事を始める事で、住所はすぐにわかってしまい、すぐに督促状が届くようになるとされています。

 

ヤミ金も同様に、夜逃げをしたからといって、借り入れから逃れる事ができるわけではありません。ヤミ金の場合には、悪質ですから、通常の取り立てと違い、近所にわかるように取り立てを行う事が多いとされています。そのため、引っ越しをし、新たな生活を送ろうとしている矢先に、借り入れを行って夜逃げしたなどと入口にビラを貼られてしまうような事もありますから、借り入れから逃れるためには、債務整理を取り入れるしか方法はないと考えましょう。

 

ヤミ金からのみの借り入れである場合には、弁護士に相談する事で、その後返済をしなくても良い状態となりますから、借り入れをする前の生活に戻ることができるでしょう。

闇金司法書士おすすめ3選

関連ページ

金融業者を見分ける方法とは
借り入れを考える|金融業者を見分ける方法とは
ヤミ金から過払い金請求をできるのか
借り入れを考える|ヤミ金から過払い金請求をできるのか
ヤミ金と手を切るには
借り入れを考える|ヤミ金と手を切るには
どこからも借り入れをする事ができなくなってしまったら
借り入れを考える|どこからも借り入れをする事ができなくなってしまったら
家族にばれてしまう借り入れとは
借り入れを考える|家族にばれてしまう借り入れとは